ヘルペスウイルスには、口の周りや顔面など主に上半身に発症する傾向が高い1型と性器や下肢など下半身に発症する2型があり、口の周りに発症したものを口唇ヘルペスと呼び、性器周辺や下半身に発症するものを性器ヘルペスと呼んでいます。このウイルスは、非常に感染力が強い為に症状が鎮静化しても、体内の神経細胞が集中する神経節にウイルスが潜り込み、ウイルスを完全に体内から取り除く事はほぼ不可能です。その為、ヘルペスウイルスを一生体内に保菌する形となり、免疫力や体力が低下すると再発の確率が高くなり、頻繁に発症するケースもあります。
1型ウイルスの代表格である口唇ヘルペスは、一般的に接触や飛沫より感染し、唇や口の周辺の皮膚に痛みや痒みなどを感じ、数時間から数日で赤みや水ぶくれ、顎の下のリンパ節が腫れたりしますが、2週間程度で治癒します。
性器ヘルペスは、2型ウイルスに分類されていますが、最近ではオーラルセックスなどにより1型ウイルスが感染するケースが増えており、1型ウイルスと2型ウイルスが入り混じっています。性器ヘルペスは、大部分が性交渉により感染し、2日~12日の潜伏期間を経て性器やおしりの周辺に赤い湿疹や水ぶくれ、ただれなどの症状が発現し、稀に排尿痛や歩行困難になるほどの強い痛み、発熱などの症状を発現するケースもあります。
2型ウイルスは、1型ウイルスに比べて頻繁に軽い症状で再発を繰り返す傾向があるので、再発に気付かずに感染を拡大させてしまう事があり、母子感染により生後間もない新生児が発症し、死亡するケースもあります。
又、ヘルペスは、男性よりも女性の方が感染率が高く、20歳代の女性患者が最も多くなっています。

ヘルペス以外にも日本で感染率の多いクラミジアという性感染症もあります。クラミジアは初期の自覚症状がない場合もあり、気づかない人も多いため知らぬ間に広まってしまう性病です。クラミジアにはヘルペスの治療薬を使っても効き目は不十分ですので、ジスロマックを使いましょう。ジスロマックは通販が安くて経済的ですので病院へ行かずにインターネットで注文する人も多いためおすすめの購入方法と言えます。