ドメインと被リンクについて

被リンク総数よりも、被リンクドメイン数に注目しましょう。1つのサイトから大量の被リンクがあるよりも、ドメインが違うサイトからたくさんの被リンクがある方がよろしいです。被リンクとドメインの関係はどのようなものかをこちらでは説明していきます。

被リンクドメインについて調べている社員の人たちの画像

ドメインと被リンクの関係について

他のサイトに自身のドメインが貼られている状態を被リンクと呼んでいます。そして、この被リンクは多ければ多いほど良いというようなものでもないのですが、優良なサイトにこれを貼られていると自身のサイトにクローラーが巡回してくる可能性は高まります。
ひと昔前はこれを大量生成する業者も存在し、実際にそれでサイトの表示順位に影響が出ていました。昔のグーグルのアルゴリズムは、キーワードの数や被リンクの数など割とわかりやすい基準でサイトを判定しており、よくわからないキーワードの羅列のようなサイトが上位表示されていることも多かったです。しかし、当然これではユーザーは不満に思います。グーグルの理念はユーザー満足度の最大化であるため、このような状況を看過するわけにはいきません。
そのため、良質なサイトを評価するのと同じくらいかそれ以上に悪質なサイトの評価を落とすことに力を入れました。ペンギンアップデートやパンダアップデートは有名ですが、それだけでなく常に悪質なサイトを圏外に飛ばすことを何年も研究し続けています。そしてこれは今後も続くでしょう。要するに、アルゴリズムの構造を利用するタイプの手法が難しくなっているということです。昔はむしろコンテンツがいくら良質でも、アルゴリズムの構造を把握して、そこに有利な戦略を取っていかなければ上位表示されない状況でした。しかし、今は逆にコンテンツの質が良ければ、アルゴリズムをそれほど意識しなくても上位表示される状況になっています。
これを望ましく思うかどうかは人それぞれですが、多くの人にとっては望ましいでしょう。しかし、もちろんだからといってseoを知らなくて良いというわけではないです。

ドメインと被リンク効果

被リンクが増えるとドメインへのクローラーの巡回が増えます。しかしこれはあくまで自然な被リンクが増えた場合で、不自然に被リンクを増やすとむしろスパム判定を受けて圏外になります。昔はまだグーグルのアルゴリズムもそれほど細かくなかったので、被リンクの数が多ければそれ自体を評価し、また被リンクからクローラーが飛んで普通にサイトの評価をしていました。
しかし、結果的にそのせいで悪質なサイトが増えるようになったのです。外部seo重視で、被リンクやキーワードをやたらと盛り込んでいるけれど、コンテンツの中身がまったくないようなサイトです。
人間がきちんと書いているものならまだましなのですが、中には人間がまったく書かずに、ツールでコンテンツを自動生成しているようなものもありました。そのようなことをしていると、当然グーグルの検索エンジンの質そのものが低下することになります。この状況を改善するために、グーグルはアルゴリズムを進化させ、ブラックハットをはじくことに強くなっています。
そして、コンテンツ重視の傾向が強くなっています。コンテンツseoといって、単純にコンテンツの質を高めてクローラーが巡回したときにコンテンツの質でアピールする方法です。そのためにはある程度の量も必要です。あとは内部seoで内部リンクを最適化し、サイトのレイアウトも見やすいものにしていくことで、クローラーの巡回をスムーズにしていこうということです。クローラーを強引に呼び込むことよりは、クローラーが来てくれたときに最大限もてなす心が重要です。
被リンクの大量生成やキーワードの数でごまかせるほど安っぽい人工知能ではなくなってきています。これはコンテンツに特化したい人には有利でしょう。

ドメインが受ける被リンクの影響とは

被リンクそのものがグーグルからの評価につながる場合もありますが、基本的には被リンクがあるという事実そのものよりも、被リンクからのクローラーの流入がもっとも大きな狙いでしょう。
これに関しては、自然に増える程度のもので良いです。というのも、クローラーの巡回を増やしたいがために被リンクをむやみに増やしても、グーグルからはスパム判定を受けることになります。グーグルは膨大なサイトのデータをもっているので、このくらいのサイトのレベルであれば、このくらいの被リンクの数が妥当だというのを把握しています。そこから逸脱した量の被リンクがあれば、グーグルは逆seoかブラックハットseoということを疑います。そして、逆seoなら被リンクを受けている側よりは逆seoを行っている側がスパム判定の対象となります。
そしてブラックハットと見なされると、当然被リンクを貼られている側も貼っている側もどちらもスパム判定の対象となります。こうなるとどちらのドメインも圏外に飛ばされます。そして二度とクローラーが巡回してこないことにもなりかねません。
また、そもそも被リンクからサイトにクローラーが巡回してきたところで、サイトのコンテンツ自体の質が低いと意味ないです。コンテンツの低いものはいくら巡回したとことで良い評価になりません。逆にコンテンツの質が良ければ、少ない巡回回数でも評価が高くなりやすいです。
この観点から言うと、外部seoよりも内部seoが重要ということになります。クローラーが巡回しやすいようにサイト内部を最適化しておくことも重要です。リンクの最適化とレイアウトが重要です。どちらも極端に何かをするというわけではなく、あくまでも見やすいことです。